イビサクリームは顔にも使える?【使用上の注意点は?】

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームとしてネットの口コミを中心に今話題のイビサクリーム。

デリケートゾーンに使えるのはもちろんなのですが、顔の黒ずみケアにも使用できるのでしょうか?

結論としては、問題なく使用できます。

イビサクリームの特徴

イビサクリームは薬用美白クリームなので、敏感なデリケートゾーンと同様に顔にも使えます。

イビサクリームに配合されているトラネキサム酸は、

  • しみ
  • そばかす

の美白クリームに配合されている有効成分です。

くわえて、

  • 着色料
  • 鉱物油
  • 合成香料
  • アルコール
  • バラベン

といった添加物が一切使われていないので、肌にとてもやさしい美白クリームです。

したがって、イビサクリームは、敏感で皮膚が薄い目の下の黒ずみや、鼻周り、頬にも安心して使うことができます。

イビサクリームを顔に使った場合の効果は?

美白専用クリームと同じ成分が配合されているイビサクリームは、顔に使用しても、他のホワイトニング化粧品と同様の効果が期待できます。

黒ずんでいる状態は顔でも同じなのですが、

  • 間違ったスキンケア
  • 紫外線によるダメージ
  • ホルモンのバランスの乱れ

などが皮膚が黒ずむ主な原因とされています。

さらに、古い角質が排出されずに角質が厚くなっていき、ブツブツができる原因にもなります。

そのため過剰反応したメラニンの発生をトラネキサム酸が抑え、グリチルリチン酸2Kが肌荒れを防ぎ、鎮静化することで、肌の状態を整えていきます。

さらに

  • さくら葉抽出液
  • カモミラエキス
  • ダイズエキス
  • オウゴンエキス

といった天然由来の成分もメラニン生成の抑制の助けとなります。

厳選された8種類の潤い成分がしっかり保湿してくれるのです。

イビサクリームを顔に使う場合の注意点

イビサクリームを顔に使うこと自体は問題ないのですが、使用上の注意点が3つあります。

  • 使用量
  • 目の周りや粘膜部分での使用
  • 生理・妊娠時の使用

です。順に詳しく説明していきます。

一回に使う使用量

一度にたくさん使用すると、効果が半減してしまいます。

べたつきが残ってしまい、肌にダメージを与えてしまうので必ず適量を守りましょう。

乾いてからの重ね塗りに関しては有効です。

目の周りや粘膜での使用は注意

顔の中で一番皮膚が薄く、弱い目の周りや粘膜といった箇所での使用は注意してください。

また粘膜には使用することができません。

生理・妊娠時の使用

3つめは女性ホルモンのバランスが崩れやすい生理および妊娠した時です。

この時期は肌の乾燥がおこり今までなんでもなかったものが、突然ヒリヒリしたり痛みをともなう場合もあります。

一旦使用を避けて様子を見ましょう。

イビサクリームを顔に使った人たちの口コミ

デリケートゾーンの脱毛ケアを受けた後に、あまりにアソコの皮膚が黒ずんでいることが気になってしまい、専用の美白ジェルであるイビサクリームを購入しました。使い続けていくうちに綺麗になってきたので、以前から気になっていた顔のニキビ痕の黒ずみに塗って見たのです。

というのもイビサクリームの口コミに、体中に使えるとあったので、なら顔も大丈夫だろうと思いました。肌に優しい成分だけで作られているので、全く刺激がなく、べたつかないので気にいっています。かなり薄くなってきたようで、本当にこのジェルは万能だなと感心しています。

彼に言われたアソコが黒いという一言に深く傷つき、何とかしようと見つけたイビサクリーム、少し高額でしたが口コミを信じて購入することに決めました。

使い始めていくうちに肌が綺麗になってきたので、もしかして顔にも使えるんじゃないかと思い、気になっていた頬のシミにも少量伸ばして見ることにしました。

ピリピリせず肌も滑らかになるので、毎日アソコや乳首に塗ったついでに顔にも塗っていくと、見事にシミが薄くなってきたのでとても嬉しかったです。

イビサクリームは私に取ってはなくてはならないアイテムです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\\今だけお得なキャンペーン中//
損をしたくない方はこちら ▶▶▶
シミウス公式HP
\\今だけお得なキャンペーン中//
損をしたくない方はこちら ▶▶▶
シミウス公式HP